【ダレログ】特商法に基づく表記から見る悪徳出会いアプリの現状とは?

出会いアプリ ダレログの特商法に基づく表記から運営情報を調査!

こんにちは。某風俗店店長をしている斎藤です。今日は以前にも紹介したダレログをもう一度まとめていきます。

RIO Inc.というデベロッパー名を目にすると、『出会いのマッチ』という悪徳アプリを思い出しがちですが、実はこのダレログは出会いのマッチと姉妹アプリなのです。

正直、出会いのマッチが人気になりすぎて会社のリソースは全部そっちへ向かってしまったんじゃないかと決めつけてもいいくらい日陰ものアプリ。

 

出会いのマッチと同じ企業だということはわかっていますが、念のためにダレログの実態を調査してみましょう。

当サイトでも様々な視点から、出会いのダレログの悪質な点についてお話してきましたがもしこれから利用しようと検討しているようであれば、ぜひサクラの手口ややりとりについてこちらの記事にまとめていますのでご一読下さい。

ダレログの特定商取引法に基づく表記

darelog_toku

役務提供者:株式会社RIO
所在地:東京都豊島区高田3丁目5番5号
連絡先:[email protected]
運営責任者:田辺 敦子

こちらが、ダレログのアプリ内の特商法に基づく表記となります。一見、必要な情報は揃っているようにみえますが・・・。

ちなみに出会いのマッチでは、運営責任者の名前だけしか記載が無く完全に法律違反な状態となっていました。

ダレログの特商法に基づく表記からは現状では問題が無いのですが、詳しく調べてみると化けの皮が剥がれていくのだと思います。

もし、記載内容に問題があれば違法となってしまうのですが、詳しく調べていきましょう。

ダレログの運営会社について

 

 

運営会社が「株式会社RIO」が登記されているのか国税庁法人番号公表サイトで調べてみました。

darelog_toku1

この様に豊島区で「RIO」という文字を社名に持つ企業は2つ表示されましたが、ダレログのリリース元とは全く関係のない企業でした。

さらにインターネットで「株式会社RIO」と検索してみたのですが、企業のホームページのようなものは発見出来ず。

2つの手法でダレログの運営へ迫ってみたのですが、確かな情報は手に入れることができませんでした。

このように悪徳出会いアプリの特商法に基づく表記はたとえ記載してあったとしてもデタラメ記載してあることしかないのです。

ダレログの所在地について

株式会社RIOの所在地は「東京都豊島区高田3丁目5番5号」です。

住所を見るだけで、番地以下の記載が無いので適当な住所を指定しているんだろうなという予想が出来ます(笑)

こちらが、その住所のグーグルストリートビューになります。

darelog_toku3

最寄りはJR高田馬場駅。山手線と東京メトロ副都心線のちょうどあいだで神田川のそば。

私だったら是非とも住ませてもらいたい立地ですね。上記のマンションは、ロイヤルパークというマンションのようですが、もしここの一室に株式会社RIOが入居シているのであればマンション名と部屋番号を記載してしかるべきですよね。

つまり、特商法に基づく表記に記載のあった住所は本来の住所ではないフェイクであると思います。

悪徳出会いアプリの業者はユーザーを騙してサクラと連絡を獲らせてお金をだまし取るシステムですので、被害者から恨みを買いやすい状態にあると思います。

ひどいと包丁なんて持ってツッコんでくる人も現れるかもしれません。

だから、特定されないように適当な住所を所在地として煙に巻いているようですが最初っからサクラアプリなんて運営しなければ良い話…。

やっぱり、悪徳アプリ業者を摘発するには、大変な苦労が必要のようです。

ダレログの特定商取引法に基づく表記まとめ

以上で特商法に記載された内容についての調査は終わります。

ダレログにはどんな企業が運営しているのかについては、記載があったもののそれを詳しく調べていると実態は無い。

本来であれば違法として処罰される可能性があるのに、当たり前のように違法な行為を行う悪徳アプリの思考がわかりませんねw

また、人気のないアプリですが、利用ユーザーのレビューもゾクゾクとはいって来ているということからまだ被害は拡大する模様です。

もう一度、基本情報やサクラの手口について知りたい方は、こちらの記事にまとめていますので読んでみてくださいね。

ダレログを利用しても、出会えませんので使わないことをオススメします。

コメント

口コミはまだありません

このコラムにコメント