【アンジー(an×2)】特商法と利用規約の穴という穴みつけたわww

アンジー(an×2)の特商法に基づく表記から運営情報を調査!

こんにちは。某風俗店の店長をしている齋藤です。今日は以前に紹介した悪徳アプリのアンジー(an×2)を再度調査しました。

annji16

出会いアプリアンジーですが、20代男性から支持を受けています。

現在勢いのあるアプリとは言えませんが、アンジーのサクラはまだまだメッセージを大量に送ってきており活発であるため、いつ伸びてきてもおかしくないアプリの一つです。

今回はアプリの特定商取引法部分に注目して調査していきます。

ここにはアプリの運営会社についての重要な記載が多く入っているため、この特商法に嘘の表記があった場合大問題です。

いくらサクラのいる悪徳アプリといえど、特商法の記載くらいはしっかりして欲しいところですが…

それでは運営実態について深く掘り下げていきましょう。

アンジー(an×2)の特定商取引法に基づく表記

anji00

役務提供者:an×2(アンジー)運営チーム
責任者:桜木ゆう子
所在地:〒181-0002 東京都三鷹市牟礼4−14−3
お問い合わせ先:[email protected]

アプリ内に用意されていたアンジーの特商法に基づく表記は以上となります。この時点で突っ込みたい部分はいくつもありますが、どちらにせよ一つづつ取り上げていくのでそちらで詳しく掘り下げます。

アンジーの役務提供者、アプリ責任者について

特商法に記載されている提供者は「an×2(アンジー)運営チーム」となっています。

はじめに提供者について見ていきますが、an×2(アンジー)運営チームなんていう名前の企業なんてありません。

ここは会社の正式名称を記載するのが当たり前です。この時点で怪しいのですがこれ以上調べることは出来ませんでした。

責任者も合わせてみていきます。

アプリ責任者は桜木ゆう子となっていてこちらも個人名なので検索しても同姓同名の人は何人もいるはずです。

よって個人を特定することは出来ないので、責任者についてもこれ以上調べることは出来ないのですが、ここでApp Storeのデベロッパー名を見てみました。annji002

デベロッパー名も「YUKO SAKURGI」となっていて責任者の名前は嘘ではなさそうです。

しかしデベロッパー名に記載されるのはこちらも会社名のはずです。やはり会社名を隠しているという可能性が高いですね。

ほかにもなにか分かり次第追記していきます。

アンジーの所在地について

特商法の記載によると、会社の所在地は〒181-0002 東京都三鷹市牟礼4−14−3となっています。

この住所を実際に訪れることはできないので、インターネットを使って検索してみました。

annji003

どうやらここのどこかにあるようです。ぱっと見民家にしか見えませんが…

まさか自宅を事務所としているのでしょうか。会社が入るような規模の建物は殆ど見られず、建物ならばその記載もないため特定することは出来ません。

悪徳出会いアプリはこのように所在地を曖昧にすることで特定することは出来ないようにしています。

所在地がバレたら何されるか分かりませんからね(笑)

アンジーのお問い合わせ先について

アンジーのお問い合わせ先は[email protected]となっています。

本来特商法にはメールアドレスと電話番号が記載されていることは基本の形です。

必ずしも両方の記載をしなければいけないという決まりはないため、法的に引っかかることはないのですが、何もやましいことがなければ両方載せることは出来ますよね。

片方しか載せていないということは、私達の会社はやましいことをしています、と言っているのと同じです。

ここからは少し特商法とはズレますが、運営情報ということでついでに利用規約についても掘り下げていきます。

アンジーの利用規約について

Annji2

App Storeのアプリ説明文や画像で散々出会いを押しているにもかかわらず、アンジーの規約にはこのような記載があります。

異性との交際、性交渉を主目的として本サービスを利用する行為

要するにこれセフレだけでなくそもそもの出会いを禁止しています。

とことんゴミアプリですね(笑)。要するにこのアプリを利用しても出会えないということです。

何故このようなことになるかと言うと、

出会い系の運営者に法律で義務付けられている、インターネット異性紹介事業者の届出を提出していないからこのような矛盾が発生しているのです。サクラのいる出会い系の運営者が素直に届出を提出したら、その場で逮捕されてしまうかもしれませんからね(笑)

アンジーの運営者情報まとめ

今回の検証はここまでにします。如何でしたでしょうか。

適当な特定商取引法に基づいた記載、届け出をだしていないという証拠の利用規約。

特商法は違法スレスレ、届け出に関しては違法と言っても過言ではないでしょう。

運営が出会いを推しているんですから(笑)

出会いアプリアンジーは間違いなく悪徳アプリです。

こんな危険なサイトは早急にアンインストールし今後触らないようにしましょう。

コメント

口コミはまだありません

このコラムにコメント